• トップ /
  • インプラントで美しい口元に

LINEで送る

歯並び矯正にもインプラント

レントゲン

歯並びが悪い人の場合、歯根から曲がって生えていることになります。徐々に歯を動かして正しい位置に戻す矯正で治療を行う方法もあるのですが、長い期間にわたって矯正器具を取り付けることになり、矯正器具は人の目からも見えやすいことから笑った時の印象も悪くなってしまいます。取り付けた後に何度もクリニックで矯正器具の調整をしてもらう必要もあり、長い治療ともなります。歯並び矯正の治療方法の一つに、インプラントがあります。一本から何本の歯でも受けることができるのですが、今生えている歯を抜いて人工の歯を入れることになります。歯根から人工の器具を入れることになり、あごの骨に人工歯根を埋め込み、ある程度の期間をおいて骨に器具が定着をしたら人工歯を取り付けることになります。インプラントは、前歯に使用しても自然な仕上がりとなるので、前歯の歯並びが悪い人にも美しい口元を作ることができます。虫歯になることもなく、一度入れると一生使えることになるのですが、歯周病が悪化してしまえばインプラントも失ってしまうことになります。インプラントの治療期間が終了してしまえば歯科治療は終了となるものではなく、その先も歯周病にかからないように定期的なケアも必要になってきます。

 

↑PAGE TOP