• トップ /
  • インプラントの注意点とは

LINEで送る

インプラント治療後の注意

レントゲン

歯を失った場合、最近は、顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それが、顎の骨に密着するので、しっかりとした噛み心地を得られるインプラント治療が行われるようになりました。この治療後は、歯垢がついてその歯垢は、細菌の塊ですので、この治療後には、毎食後丁寧な歯磨きが必要となります。また、この人工歯根の近くには栄養を運んでくる血管が少ないので、炎症に対する抵抗力が低いので、周囲炎が起きる可能性が高くなります。必ず3カ月から1年に1回は、手術を受けた歯科クリニックで定期的にメンテナンスを受けましょう。

 

インプラントと指し歯の価格比較

インプラント治療とは自分の失ってしまった歯の代わりに人工の新たな歯を埋め込む治療方法です。治療費としては一本当たり三十五万円程度の費用が必要になります。これは、インプラント治療が保険適用外の治療のため、治療費が全額自己負担となるからです。一方で指し歯の場合には、一本あたり三万円から五万円程度の金額で治療する事ができますこの金額の違いは保険適用か保険適用外なのかの違いによるところが大きいと言えます。

↑PAGE TOP